上の空詩集
上の空だけど、本当はその先にあるものを見つけたい。



--.--.--  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.01  現実崇拝

私の中で渦巻く
黒くてザラザラしたもの達へ継ぐ


どうか
私を見捨てないで


最悪な肌触りは
呪いのように纏わりつき
身をも剃り落とす


痛くても
構わないから


ザラザラ
ザラザラ


見捨てないで下さい


不快や苦痛は日常
ときめくような束縛の中
名も知らぬものを崇拝し続け
助けを乞う


永遠に紡ぐ現実という闇の彼方

連鎖を断ち切る術を
何故だか私は探す


ある筈もない武器
ない筈の未来


それでも私は
崇拝し続ける
No.285 / // PageTop▲

2009.05.25  予知

何故ですか?
何を私に示したかったんですか?
私に何を選択しろと言うんですか?


私の全てを知る唯一が
私に夢を示した


それは
まるで現実のような
けれど
有り得ない出来事だった

私は泣くしかできなかった

責めるように
泣くしかなかった


励ますように
なだめるように
信じられない言葉が返ってきた

それは
まるで全てを知っているような
けれど
起こり得ない出来事だった

救いようのない
現実より少し先の
手が届きそうな未来の夢

私はこれから
救いようのない現実を
選択する
No.284 / // PageTop▲

2009.05.23  疾患

雑音が上滑りする

傷口を握り締めても
痛覚の代わりに快楽が作動する


私はあまりにも膨大なものを要求してしまった

一度失ったものを二度失う空しさ

出会えた刹那と
出会わなければ良かった永遠


私は何を蔑ろにしてしまったのだろう?


ざわつく内臓達は何を感じているのだろう?


殺伐とした境界線の上を歩くには
少し邪念が多過ぎて
私はざわつく内臓のなすがままになった

抗う気がなかった

失うことより
内臓をなだめることしか頭になかった

沸騰してしまいそうな
爆発してしまいそうな
溶け出してしまいそうな
私の内臓たち

いつも肝心なところで発病して
私は何も見えなくなる

だから私はまた
全てを失う
No.283 / // PageTop▲

2009.02.24  白亜

白さに横たえながら
流れてゆく雲を見つめる
私に与えられた安らぎは
それだけ


幸福と不幸が奇妙に混じりあったところ
私に与えられた場所は
そこだけ


天井からぶら下がる薄くて脆い糸
私に与えられた救いは
それだけ


愛しいと思う度に気付く愚かさ
私に与えられた真実は
それだけ


手探りで無意識に選んだ未来
私に与えられた運命は
それだけ


抗っては傷つき
それでもまた這い上がる
私に与えられた勇気は
それだけ


ベールを揺らす微かで柔らかい冷気
私に与えられた自由は
それだけ


1つの答えに向かって
この身は吸い寄せられる


それだけ


私に与えられた幾つものそれだけが
この身を支配して
結局はそれだけになる


それだけのこと
No.282 / ひとり言 / Comment*0 // PageTop▲

2009.02.06  月が半分消えた道に

消しゴムを下さい


人生も運命も消えてしまう消しゴムを
私に与えて下さい


理由とか言い訳とか運命とか
そんなのわからないけど
私は消えたいんです


誰の人生にもなかったことのように
綺麗に消させて下さい


決して人の力ではなく
自分の力で消えたいんです

何事もなかったかのように
消えたいんです


そして
二度とこの世に生まれないようにしたいんです

私には
謝るしか生きてる意味を見出だせません

生きてることが罪で
生きてることが罰で
生きてることが悔いで


土下座をしながら生きるしか
私には生き方がありません

誰に謝られても
誰に守られても
誰に愛されても

私は私が許せません


私は遠い昔
何をしたんでしょうか?

私は私の何が
許せないのでしょうか?

自分でもわからないんです

ただ
自分が生きていることが
無償に許せない



ごめんなさい
No.281 / ひとり言 / Comment*0 // PageTop▲

リンク

プロフィール

夢月 魅誇

Author:夢月 魅誇
性別:女
誕生日:1月23日
家族構成:父一人、母一人、猫一匹

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。