FC2ブログ

上の空詩集
上の空だけど、本当はその先にあるものを見つけたい。



--.--.--  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.24  白亜

白さに横たえながら
流れてゆく雲を見つめる
私に与えられた安らぎは
それだけ


幸福と不幸が奇妙に混じりあったところ
私に与えられた場所は
そこだけ


天井からぶら下がる薄くて脆い糸
私に与えられた救いは
それだけ


愛しいと思う度に気付く愚かさ
私に与えられた真実は
それだけ


手探りで無意識に選んだ未来
私に与えられた運命は
それだけ


抗っては傷つき
それでもまた這い上がる
私に与えられた勇気は
それだけ


ベールを揺らす微かで柔らかい冷気
私に与えられた自由は
それだけ


1つの答えに向かって
この身は吸い寄せられる


それだけ


私に与えられた幾つものそれだけが
この身を支配して
結局はそれだけになる


それだけのこと
スポンサーサイト

No.282 / ひとり言 / Comment*0 // PageTop▲

Comment Post

Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

リンク

プロフィール

夢月 魅誇

Author:夢月 魅誇
性別:女
誕生日:1月23日
家族構成:父一人、母一人、猫一匹

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。