FC2ブログ

上の空詩集
上の空だけど、本当はその先にあるものを見つけたい。



--.--.--  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.19  secret little room

音が聴こえる

色々な音が私の耳を通ってゆく

ここは殺風景な小部屋

部屋には白い椅子が一つと
蒼空を映す白い窓が佇む

私は白い椅子に座り
何を想うわけでもなく
白い窓に映る蒼空を虚ろに見つめていた

ここの生活にもだいぶ慣れました

昔に比べれば
椅子も増えたし窓は綺麗な蒼空を映し
部屋には明るい日差しが入るし

それでも
相変わらず扉はありません

人も訪れません

ただ
すーっと吸い込まれるように
出入りはできるようになりました

逃れたと思っても
気がつけばこの部屋に戻ってくる

私は逃れることに疲れました

だから
されるがままに出入りをし
この部屋に来た時は
ただただ白い窓の外を見つめて過ごしていた

音は突然聴こえた

ヒビの入る音
ヒビに液体が染み込む音
水滴の垂れる音
溜まった水滴が流れていく音
何か大きな物が軋む音

どこから聞こえるのか
辺りを見回しても部屋に異変はない

耳から離れない雑音

目を閉じると
雑音は私の中から聞こえる

耳を澄まして
しばらく雑音に聞き入る

目を開け
白い窓の外をまたぼんやりと見つめる

雑音がどんどん増していく

苦しくて
助けを求めたくても
もどかしくて
ダダをこねたくても
切なくて
泣き叫びたくても

蒼空がいつもに増して綺麗でも
日差しが暖かくて気持ち良くても

この小部屋を誰かが訪れることはない

ここは
私を守るための秘密の小部屋

私はここで
生きていくんです
スポンサーサイト

No.267 / 風景 / Comment*0 // PageTop▲

Comment Post

Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

リンク

プロフィール

夢月 魅誇

Author:夢月 魅誇
性別:女
誕生日:1月23日
家族構成:父一人、母一人、猫一匹

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。