FC2ブログ

上の空詩集
上の空だけど、本当はその先にあるものを見つけたい。



--.--.--  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.16  嫌われ松子の一生

前回の予告通り、
「嫌われ松子の一生」見ました。

プライベートな感想は長くなるので後にするとして、
私ってリアルな作品より、作られた感満載な非現実的な作品が好きなんだなぁということがわかりました。←これもプライベートな感想か?

とにかく、素敵な作品だった。

面白いとか、よかったとかいうより、素敵な作品だった。

ここからはプライベートな感想。

っていうか、役者とか忘れて女として見入ってしまったので、作品的にどうこうはわかりません。

ただただ、自分の人生見てるような気分になっちゃって、本当に、胸が苦しかった。

真っ直ぐで不器用な上に運が悪い女って、どうしてこうなるんだろう。

必ずダメな男に惚れるし、必ずイタイ別れ方する。

全部追い詰めてるのは自分だし、それを選択したのも自分で、運の悪いのだって自分のせい。

それでも、人のせいにしてまた同じこと繰り返す。

松子観ながら、それじゃダメだよって思った。
けど、じゃあダメならどうすりゃいいよ?って映画から返ってきた気がして、余計胸が苦しくなった。

結局、最後まで観たら、それでも生きるしかないんだよって、映画に言われたような気がした。

私は最近、自己紹介する時に自分はイタイ子ですと言い切るようにしてる。

私の生き方見て、陰であの子イタイよねって言われるの嫌だから。

痛くても精一杯楽しく生きてますから。

イタイ子であることに自信持ってますから。

私の人生はたぶん、これからも予想だにしないタイミングで想像だにしない不運の連続だと思います。

それでも、精一杯生きますから。

このめんどくさい人生、愛してますから。

例え、松子みたいな人生の終わり方をしても、悔いの残らない生き方をしたい。

なんて、リアルに自分の人生考えてしまいました(-"-;)

そんな辺りがまた、イタイ子と言われる所以なんだろうな。

嫌われ松子の一生、予想通り、むしろ予想以上の感動でした。

嫌われ123。もがむしゃらに生きてみるかなo(^-^)o
スポンサーサイト

No.266 / 風景 / Comment*0 // PageTop▲

Comment Post

Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

リンク

プロフィール

夢月 魅誇

Author:夢月 魅誇
性別:女
誕生日:1月23日
家族構成:父一人、母一人、猫一匹

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。