上の空詩集
上の空だけど、本当はその先にあるものを見つけたい。



--.--.--  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.25  予知

何故ですか?
何を私に示したかったんですか?
私に何を選択しろと言うんですか?


私の全てを知る唯一が
私に夢を示した


それは
まるで現実のような
けれど
有り得ない出来事だった

私は泣くしかできなかった

責めるように
泣くしかなかった


励ますように
なだめるように
信じられない言葉が返ってきた

それは
まるで全てを知っているような
けれど
起こり得ない出来事だった

救いようのない
現実より少し先の
手が届きそうな未来の夢

私はこれから
救いようのない現実を
選択する
No.284 / // PageTop▲

2009.05.23  疾患

雑音が上滑りする

傷口を握り締めても
痛覚の代わりに快楽が作動する


私はあまりにも膨大なものを要求してしまった

一度失ったものを二度失う空しさ

出会えた刹那と
出会わなければ良かった永遠


私は何を蔑ろにしてしまったのだろう?


ざわつく内臓達は何を感じているのだろう?


殺伐とした境界線の上を歩くには
少し邪念が多過ぎて
私はざわつく内臓のなすがままになった

抗う気がなかった

失うことより
内臓をなだめることしか頭になかった

沸騰してしまいそうな
爆発してしまいそうな
溶け出してしまいそうな
私の内臓たち

いつも肝心なところで発病して
私は何も見えなくなる

だから私はまた
全てを失う
No.283 / // PageTop▲

リンク

プロフィール

夢月 魅誇

Author:夢月 魅誇
性別:女
誕生日:1月23日
家族構成:父一人、母一人、猫一匹

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。