上の空詩集
上の空だけど、本当はその先にあるものを見つけたい。



--.--.--  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.17  小鳥と花


孤独が押し寄せて
責め立てる

小鳥の囀りは天高く
暗闇の中で冴え冴えと響く

美しさと気高さと切なさは
同じところから始まるもの

誰にも譲れない

誰にも与えない

誰にも教えない

私だけの孤独

小鳥は花を求めて
冴え冴えと天高く囀り

花びらは小鳥を求めて
ひらひらと天から舞い落ちて

出会うことのないサダメ

永遠の上昇と下降

気高さと切なさのループ

私の孤独は私のもの
あなたにはあげられないの

あなたの孤独はあなたのもの
私はもらえないの

私の孤独と
あなたの孤独

永遠の上昇と下降のループの中で

気高く切なく
押し寄せられて

逃げ道を失う


IMGP0802 縮小

No.274 / ひとり言 / Comment*0 // PageTop▲

2008.11.13  どこかへ

20081114002114

どこかへ
連れて行って下さい


20081114002118

どこかへ
一人で行かせて下さい


20081114002121

どこかへ
向かいましょうか



No.273 / ひとり言 / Comment*0 // PageTop▲

リンク

プロフィール

夢月 魅誇

Author:夢月 魅誇
性別:女
誕生日:1月23日
家族構成:父一人、母一人、猫一匹

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。